就業規則の作成、導入

貴社の就業規則は大丈夫?

政府が推し進める「働き方改革」。それによって「就業規則を作成しなければ...」と考えはじめた方も多いのではないでしょうか?従業員が10人以上になると、就業規則の労基署への届け出義務が発生します。

実際にトラブルになっている会社の話を聞いて「就業規則を改めて見直したい」と思った方もいらっしゃるでしょう。しかし、日々の業務に追われつい後回しにしてしまう、ということが本当に多いと思います。

トラブルが起こる前に事前準備をしっかりと!

「従業員10名以上雇用しているから作成しないと。。。」「労働基準監督署の調査が入った時の為に作っておかないと。。。」

そういった理由で作成されるのではあまり意味がないものになってしまうかもしれません。会社に合わせた就業規則をしっかり準備しておき、不要なトラブルを回避することが大切です。

実際に従業員の方から「就業規則を見たいのに会社が見せてくれない」といった声もよく聞かれます。そういった状況では「この会社でずっと働こう!」と思わないかもしれません。

また、就業規則はただ単に作成して終わりではありません。その会社のルールになるものですから実態にあったものでなければなりません。

規程の仕方が少し違うだけで、例えば、「退職金を支給する」といった文言しか規定しなかった為に、パート・アルバイトも含めた全員に支給しなければならなくなった企業もあります。

こんな方は是非、就業規則の見直しをご検討ください!

  • 就業規則をいつ作成したのかわからない。
  • 同業の先輩の会社のものを借りた、もしくはインターネットの雛形を使って作成した。
ここがポイント! ここがポイント!

既に就業規則をお持ちの場合でも「就業規則無料診断」で問題点を的確に洗い出し、運用に即した就業規則へと改善させて頂きます。

FLOW

作成から納品までの流れ

  • STEP1
    ヒアリング

    貴社の独自ルールなどをお伺いして詳細内容のヒアリングを行います。すでに就業規則がある場合には、「就業規則無料診断」を行って問題点を炙り出します。

  • STEP2
    就業規則の作成

    打ち合わせにてご不明点や心配な部分を明確にしたうえで、就業規則の作成にとりかかります。

  • STEP3
    内容の調整

    作成した就業規則をご覧いただき、疑問や質問などをお伺いし就業規則に反映します。

    • 修正回数は原則3回までとなります。また、大幅な改定につきましては別途ご相談となります。
  • STEP4
    ご納品

    電子データと書面にて納品させていただきます。

  • STEP5
    アフターサービス

    納品後は、アフターサービスもございます。アフターサービスの内容についてはお問合わせください。

就業規則作成の事なら、どんな事でもお気軽にご相談ください。

【対応地域】宝塚市、芦屋市、西宮市、三田市、伊丹市、尼崎市、箕面市、池田市、豊中市など。その他の地域の方もお気軽にご相談ください。

SERVICE

助成金や労務に関する手続業務から人事コンサルティングなど人に関する高品質なサービスを提供しております。

100社以上に選ばれ続ける信頼と実績

経営者のみなさまとの信頼関係を大切に、人事・労務管理の問題解決にプロとして全力を尽くすそれが、リアライ社会保険労務士事務所事務所の姿勢です。

OFFICE

社会保険労務士は、経営者さまと活気ある職場を創り出すパートナーです。懇切丁寧に人に関するサポートをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

SDGs(持続可能な開発目標)について、その背景を理解した上で目指す姿に賛同しており、SDGs達成に向けて取組んでいます。企業活動を通じて持続可能な社会へ貢献し、企業価値向上を目指します。

顧問先様等からの信用、信頼をより確固たるものにするため、士業で唯一の個人情報保護の認証制度「社会保険労務士個人情報保護事務所認証制度(SRPⅡ認証制度)」の認証事務所として、全国社会保険労務士連合会から認証を受けております。