2023/09/06

リファラル採用が重要

リファラル採用とは?

採用で成功している企業の中には「リファラル採用」を積極的に活用しています。

そもそもどんな採用手法なのか。

リファラル(referral)は、「推薦」、「紹介」という意味があり、自社の社員から友人や知人などを紹介してもらう手法を指します。
友人や同僚を紹介する従業員は、会社に適したスキルや経験をよりよく理解している可能性があるため、資格のある候補者を見つけるのに効果的な方法です。
さらに、紹介された候補者は、すでに組織の一員である人から推薦されているため、会社の文化や価値観に適合する可能性が高くなります。
紹介による募集は、費用のかかる求人広告や外部の採用活動の必要性を減らすことができるため、候補者を見つけるための費用対効果の高い方法でもあります。

リファラル採用のメリット

1.採用コストの削減

人材紹介や求人広告掲載の費用がかからない為、コストは必要最小限で実施可能です。
自社の社員への紹介料がかかるが求人広告などの費用と比較するとコストはかかりません。

2.ミスマッチ防止となり、定着率が上がる

自社を理解している社員からの紹介である為、早期退職の可能性は低いです。
社員から、会社の理念や組織風土、社内の雰囲気、仕事内容等を事前に聞いた上での入社となるので、ミスマッチも防止できます。

3.採用市場に出てこない人材との接点ができる

通常、世の中の求人情報は転職活動もしくは就職の活動の意思を示している求職者向けへと公開されています。
ライバル企業とは異なる採用市場で優秀な人材の発掘が可能になります。

リファラル採用のデメリット

1.従業員への浸透

従業員への制度自体への理解などと浸透させるのに時間がかかります。
会社のビジョンなどもしっかりと伝えた上で、リファラル採用をする理由なども合わせて説明し理解してもらう必要があります。

2.不採用にする場合の配慮

従業員からの紹介があった場合に、必ずしも採用するとは限らないので、
その場合に紹介者への配慮が重要になってくる。
逆に会社への不信感へと変わらないようにしないと紹介者が退職してしまうことにもなりかねません。

3.採用までに時間がかかってしまう

対象となる方が必ずしも転職活動を行っているとは限らず、すぐに採用することはできない場合があります。
優秀な方であればあるほど、手放したくないというのが実情です。
就職を決めても次の職場へ転職するのに1,2か月かかることもあり得ます。
すぐには転職活動を考えていない場合でも、継続的に接点を持っておいてもらう必要があります。

メリット、デメリットを踏まえた上で、リファラル採用を優秀な人材を確保する手段としてとらえてみてはいかがでしょうか?

カテゴリ:採用 / 更新日:2023.09.06 NAN

100社以上に選ばれ続ける信頼と実績

人事・労務管理の問題解決だけではなく、採用支援・経営支援など 多角的に経営者をサポートできる。 それがリアライ社会保険労務士事務所の最大の特徴です。

OFFICE

社会保険労務士は、経営者さまと活気ある職場を創り出すパートナーです。懇切丁寧に人に関するサポートをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。